美南の丘クリニック

予防接種vaccination

HOME診療のご案内 > 予防接種

諫早市の予防接種のご案内です。諫早市の予防接種案内はこちら
当院は、下記記載の個別予防接種に対応していますが、ご予約が必要です。


麻しん及び風しん 2期
5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間にある者
(平成29年度対象者:平成23年4月2日生~平成24年4月1日生)
(実施期間:平成30年3月31日まで)
接種方法:麻しん風しん混合(MR)ワクチンを各期1回接種
他の予防接種までの間隔:4週間
日本脳炎(注1) 1期初回
標準で3歳(生後6月~90月に至るまで)
接種方法:1~4週間の間隔で2回接種
他の予防接種までの間隔:1週間

1期追加
1期初回終了後概ね1年後標準で4歳(生後6月~90月に至るまで)
接種方法:1回接種
他の予防接種までの間隔:1週間

2期
標準で小学校4年生(9歳~13歳未満)
接種方法:1回接種
他の予防接種までの間隔:1週間
二種混合・ジフテリア・破傷風 標準で小学校6年生(11歳~13歳未満)
接種方法:1回接種
他の予防接種までの間隔:1週間
子宮頸がん予防ワクチン(HPV)(注2) 標準で中学1年生に相当する年齢の女性
(小学6年生から高校1年生までに相当する年齢の女性)
(平成29年度対象者:平成13年4月2日生~平成18年4月1日生)
接種方法:3回接種
他の予防接種までの間隔:1週間

●注意とお願い
【※1】
・日本脳炎の予防接種は、制度改正により、平成7年4月2日~平成19年4月1日生で未接種の方は、未完了分から接種ができます。
(接種期間:20歳未満)また、平成19年4月2日~平成21年10月1日生で1期の予防接種が終了していない方は、9歳以上13歳未満の間で、未完了分から接種ができます。
・乳幼児期の接種歴により接種回数が異なります。
母子健康手帳で確認し健康福祉センターへお問い合わせ下さい。
【※2】
・子宮頸がん予防ワクチン(HPV)は、あらかじめ保護者が記入した予診票及び同意書を持参すれば、保護者同伴なしで接種できます。
・子宮頸がん予防ワクチンには、2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)の二種類があり、それぞれにワクチンの特性があります。
 接種医療機関にご相談下さい。
・充分な予防効果を得るためには、必ず同じワクチンを3回接種することが必要です。
・ワクチンは、子宮頸がんを完全に予防できるものではありません。
 20歳を過ぎたら定期的に「がん検診」を受ける事が重要です。

※必ず保護者同伴で母子健康手帳を持参してください。
 個別接種の予診票は各医療機関にあります。
接種を希望する場合は、ワクチン準備のため、必ず医療機関に事前予約してください。


B型肝炎ワクチン

B型肝炎は、現在はほとんどの場合母児間感染か性行為による感染が、ほとんどです。
通常は出産の際に、B型肝炎ウイルスキャリアかどうかをチェックするようになっていて、B型肝炎ウイルスキャリアのお母さんから生まれた子供は、出産直後にワクチン接種を受けます。
家族内や、パートナーにB型肝炎キャリアーが居る場合、医療関係者には、感染予防のために、ワクチン接種が必要な場合があります。
通常は3回の接種(最初と最初の接種から1ヵ月後、6ヵ月後)が必要ですが、それでも抗体が十分にできない方は更に4回目の接種をすることもあります。
接種料金は、1回につき4,000円になっています。


肺炎球菌ワクチンとは?

肺炎の原因には多くの種類があります。 インフルエンザシーズンにおける細菌性肺炎では50~60%が肺炎球菌によるものです。
肺炎球菌は口腔粘膜、鼻咽頭に常在していることが多く、肺炎、気管支炎のほか、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などを起こすことがあります。 肺炎球菌ワクチンは、この抗生物質の効かない肺炎球菌にも有効です。
肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされる病気(感染症)を予防するためのワクチンです。
ワクチンは実際の肺炎球菌感染症全体の80%を抑えることができます。


肺炎球菌ワクチンにより入院/死亡が減少

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを両方接種することでインフルエンザシーズンの肺炎や入院を63%、死亡を81%抑えることができたという報告があります。


ワクチンの対象者は?

次のような方に、ワクチン接種をおすすめします。

1.高齢者の方(65歳以上)>
2.腎不全や肝機能障害のある方
3.心臓や呼吸器に慢性疾患がある方
4.糖尿病の方
5.養護老人ホームや長期療養施設などの居住者
6.悪性腫瘍出化学療法中の方、免疫抑制剤を使用中の方


副作用は?

よくみられる副反応には、注射部位のかゆみ、疼痛、発赤、腫脹、軽い発熱、関節痛、筋 肉痛などがあります。
接種日から2日後にかけて腕の疼痛などの局所反応は2~3%、筋肉痛37.5度以上の発熱は10%以下です。
多くは1日~3日で消失します。
インフルエンザワクチンと同程度の副作用と考えて下さい。


アメリカでは65歳以上の過半数の人が接種しています

米国の65歳以上の高齢者における肺炎球菌ワクチンの接種率は64%と推計されています。
一方、本邦では1987年に認可され市販後約20年が経過するも、いまだに接種率は43%未満です(2016.3月現在)


5年ごとの追加免疫が必要です

5年に1回のワクチン接種を行います。
5年後にはピーク時の80%にまで抗体価が落ち、以後徐々に抗体価は低下します。
このために5年ごとの追加免疫が望まれます。
再接種に関しては5年以上間隔をおけば副反応も減ります。


費用は?

現在のところインフルエンザワクチンと同様保険適応ではありません。
当院では、1回のワクチン接種で8,000円です